2011年08月04日

BW第41話「白熱ドンバトル!エモンガVSダゲキ!!」

3行でわかるあらすじ
2回戦、サトシは運に助けられ、ラングレーに勝利する。デントはアドバイスを交え戦い、ルークはその手を真似て逆転する。アイリスVSケニヤンは、エモンガがメロメロを封じられつつも特性でダゲキを麻痺させ、ボルトチェンジで勝利する。

・2回戦第1試合、ラングレーVSサトシ。ツタージャはコマタナのハサミギロチンをリーフブレードで破る。落下したコマタナは両手の刃が地面に刺さり、身動きが取れない。リーフストームを受け、戦闘不能に。サトシの勝利。前回もそうだったが、ラングレーは運が悪すぎた。
・デントは2人のバトルをジェスチャーたっぷりにテイスティング、ケニヤン(「ケニヤンー」と発音)に同意を求める。ラングレーはアイリスの陰口を地獄耳で聞きつけ、ドラゴンタイプに負けたわけじゃないから、このバトルはノーカウントだと言い張る。
・第2試合、アントーニオVSディーノ。ハトーボーがモンメンを倒し、ディーノの勝利。
・休憩時間、サトシはツタージャにデント特製のポケモンフーズを食べさせる。カベルネが嫌味を言いに来るが、ツタージャがつるのムチで追い払う。ケニヤンはデントにレシピについて教えを請う。
・アイリスはゾロアをラングレーに化けさせて声を当て、インタービューを捏造する。ラングレー本人にばれ、ベルがゾロアと間違えてラングレーに抱きつき、それは失敗に終わる。ルークは本物のライバル対決の迫力だとカメラを回し続ける。休憩時間が終わり、ルークはサトシに撮影を頼む。
・第3試合、デントVSルーク。緊張するルークに対し、デントは、自分のポケモンが勝利を掴み取る瞬間をイメージしよう、とジムリーダーらしくアドバイスする。デントはマッギョ、ルークはメラルバを出す。サトシは撮影そっちのけで図鑑で確認し、ピカチュウが必死にカメラを支える。メラルバは映画の特殊効果を担当している。
・デントのテイスティングタイムが始まる。マッギョは熱湯を浴びせ、メラルバは耐える。ルークはカチンコを鳴らして指示を出す。メラルバは糸を吐くでマッギョをぐるぐる巻きにし、電気ショックをかわし、虫のさざめきでマッギョを苦しめる。

・デントはマッギョに火炎放射を受けさせ、糸を焼き切る。結果をイメージできたからこその判断だ。ラングレーはゾロアと勘違いして自分を見回すベルに切れる。ベルはキバゴに化けたゾロアに気づき飛びつくが、それは例によって本物のキバゴだった。
・デントは「僕は君のポケモンを味わいつくした」と言い、メラルバをテイスティング。マッギョは空高く舞い上がり、空中から熱湯を放つ。しかし、メラルバーは自分に向かって糸を吐き、繭のようになって完全に防御する。マッギョの泥爆弾の爆風を利用してジャンプ、角の炎で糸を焼いて姿を現し、逆を取る。これにはデントも驚く。火炎放射でマッギョはこんがり丸焼きに。ルークの勝利。
・カベルネはデントを嘲笑い、ラングレーが突っ込む。サトシはカメラのことをすっかり忘れていたが、ピカチュウががんばって撮影していた。出番が待ちきれないケニヤンが飛び出し、アイリスも追う。
・第4試合、アイリスVSケニヤン。アナウンサーのタケミツは「カニヤン」と文字まで間違える。アイリスはエモンガ、ケニヤンはダゲキを出す。ダゲキは正座で登場する。アイリスはエモンガにボルトチェンジで交代しないよう言い聞かせる。楽しげなアイリスにエモンガも乗り気に。
・エモンガがメロメロを使うが、ダゲキはインファイトでハートマークを粉砕する。アイリスは「そういうのあり?」と驚き、エモンガはむくれる。ケニヤンは♂しかいないダゲキだからこそ、性別で効果の出る技を受けないよう鍛え上げていた。
・ダゲキはビルドアップし、細い体がみるみる筋肉モリモリマッチョマンに変化する。エモンガは目覚めるパワーを二度蹴りで突破され、蹴り飛ばされる。2発目は命中させる。ケニヤンはエモンガが飛行タイプの技を持っていないことに気づく。
・ダゲキはエモンガをインファイトで攻撃した際、特性・静電気で麻痺を負うが、かまわず二度蹴りで攻撃する。アイリスはエモンガだからこそできることをと考え、メロメロを指示する。連続のメロメロの弾幕をインファイトで弾くうち、ついに麻痺の影響が現れ、ダゲキの動きが止まる。エモンガはボルトチェンジを使い、ダゲキは戦闘不能に。アイリスの勝利。ゲーム的に考えれば、ダゲキはインファイトの連発で特防が極端に下がっていたため打たれ弱かった、エモンガは相手が全滅したので交代しなかった、と解釈できる。
・準決勝の組み合わせが発表、ディーノVSサトシ、ルークVSアイリスとなる。サトシは優勝を意識、ルークはデントに励まされ、アイリスはラングレーに嫌味を言われる。カベルネは「もう誰が優勝でもいいや」と飽きてしまうが、ゾロアに蹴飛ばされ、「みんな負けちまえ!」と切れる。
・準決勝第1試合、ディーノVSサトシ。サトシはガマガル、ディーノはダルマッカを出す。劇画調のラストカットに割り込むドン・ジョージに吹く。

映画情報はドレッドの行動とビクティニに迫る危機について。
次回予告はタイトルからしてネタバレ。
posted by ムラサキ博士 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメBW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47162563
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック