2011年05月26日

BW第33話「ドラゴンバスター登場!アイリスとドリュウズ!!」

3行でわかるあらすじ
アイリスのドリュウズはラングレーのツンベアーに敗れてしまう。ドリュウズはシャガに敗れて以来、アイリスのことを信じられなくなっていた。アイリスの気持ちを知ったドリュウズは気合玉を習得、ツンベアーとの再戦を引き分けに持ち込んだ。

・アイリスを探し現れた、ドラゴンバスターのラングレー。「ドラゴンバスター」という正式な呼称があるわけではなく、彼女が自称しているだけらしい。ドラゴンタイプのポケモンを倒すのが趣味。昔、竜の里で自分のポケモンがボコボコにされて以来、根に持っている。アイリスに「子供ね〜」と言われ、「そうよ、子供よ!」と返す。ラングレーが挑発し、アイリスはバトルをすることに。
・アイリスVSラングレー。ラングレーはツンベアーを出す。ターミネーターのような膝をついての登場ポーズがいい。走るときは四つ足になる。アイリスはキバゴ。キバゴは冷気を吐くツンベアーに固まる。ラングレーとツンベアーは余裕の表情。ツンベアーは引っかくキバゴを切り裂くで弾き飛ばし、ツララ落としをぶつける。竜の怒りを冷凍ビームで押し返され、キバゴは戦闘不能に。ラングレーの勝利。
・ラングレーは竜の里出身はこの程度かと吐き捨てる。アイリスはドラゴンタイプ以外興味がないというラングレーを挑発、再戦となる。
・2戦目、アイリスはドリュウズを出す。サツマイモ状態のドリュウズはツンベアーの切り裂くを受け、起き上がる。ドリュウズはアイリスの指示を無視、メタルクローでツララ落としを弾き、冷凍ビームを穴を掘るでかわし、ツンベアーを攻撃する。ドリルライナーを仕掛けたドリュウズは岩砕きを受け、岩に叩きつけられる。ダメージは大きくなかったが、駆け寄るアイリスを見、閉じこもってしまう。アイリスは負けを認め、ラングレーは嫌味を言って去る。
・アイリスはドリュウズと出会ったときのことを回想する。小さいころのアイリスの服装は、上着がワンピースになっており、巻きスカートがない。竜の里で野生のポケモンたちと遊んでいたアイリスは、ミネズミの巣を奪ったモグリューと生身で喧嘩するが、毎回毎回コテンパンにされてしまう。ぐるぐる目でシキジカに引きずられるのがかわいい。10回目の挑戦で跳び蹴りとメタルクローが拮抗、アイリスはドリルライナーを仕掛けるモグリューを蹴り飛ばす。すごい身体能力だ。つるが絡まったモグリューは崖から落ちるが、アイリスに救われ、赤面する。2人はそれから仲良しになった。
・アイリスとモグリューは連戦戦勝、毎年開かれる竜の里のバトル大会に出場するため、山篭りの猛特訓をする。2人は一緒に毛布をかけて寝、優勝を誓う。
・バトル大会。モグリューはバトル中ドリュウズに進化、クリムガンを倒し、優勝する。これで99連勝となる。そこにドラゴンマスターのシャガが現れる。アニメにすると独特なひげに違和感がある。アイリスは名前を聞いたことがあった。100勝目を飾ろうと、臆面もなく勝負を挑む。
・竜の里は初めて一般人が出てきたが、肌の色は様々、服装も民族衣装っぽい人と現代的な人が混ざっている。

・シャガVSアイリス。シャガはオノノクス、アイリスはドリュウズ。ドリュウズのメタルクローと乱れ引っかきはまったく通じず、オノノクスにドラゴンテールで弾き飛ばされる。ドリュウズは戦意を失いつつもアイリスの指示で攻撃を仕掛けるが、オノノクスの牙を使った岩砕きで岩に叩きつけられ、戦闘不能となる。目を覚ましたドリュウズはシャガとオノノクスを見、閉じこもってしまう。それからというもの、アイリスの励ましにもドリュウズは耳を貸さなくなった。
・話を聞いたデントは、ドリュウズがそうなってしまった原因は、アイリスへの不信感にあるのではないかという。その夜、アイリスはドリュウズをボールから出し、いっしょに毛布をかけて寝る。アイリスは山篭りをしたときのことを思い出す。離れて戦える技があればバトルの組み立ても広がっただろうと想像、シャガと戦ったとき、ドリュウズは最初の一撃で勝てる相手ではないとわかっていたことに気づき、その気持ちをわかろうとしなかったことを涙ながらに謝る。
・ドリュウズは閉じこもりつつも、アイリスの声を聞いていた。彼女が眠ったのを見計らい、1人気合玉の特訓をする。それに気づき起き上がってきたアイリスが抱きつこうとするが、素直になれないドリュウズは避けてしまう。2人の特訓は続き、夜が明け、ドリュウズはついに気合玉を完成させる。アイリスが抱きつき、ドリュウズは笑顔を見せる。
・サトシとデントが呼びに来る。3人の朝食はラングレーが平らげていた。ずうずうしい性格だ。アイリスはラングレーに勝負を申し込む。
・アイリスVSラングレーの3戦目。メタルクローと切り裂くは互角、ツララ落としを穴を掘るでかわし攻撃と、ドリュウズはアイリスの指示通り戦う。空中のツンベアーに気合玉、ドリルライナーと連続攻撃を決める。冷凍ビームで凍らされ、メタルクローで脱出するが、ツララ落としを受け、膝をつく。アイリスの声にドリュウズは立ち上がる。岩砕きとドリルライナーが激突し、ドリュウズが倒れる。ラングレーが勝利を確信した直後、ツンベアーも倒れる。勝負は引き分けに。
・ラングレーはドラゴンタイプでなければ引き分けても痛くもかゆくもないと言い、デントにもっとおいしい朝食を要求、去っていく。アイリスはドリュウズにもっと勉強すると誓い、2人は抱き合う。

オーキド博士のポケモンライブキャスターは、バスラオについて。東北地方太平洋沖地震の影響で放送が延期された「ヒウンシティのつり大会!釣りソムリエ・デント登場!!」の映像が使用された。視聴者には何がなんだかわからない。
ポケモン川柳「バスラオが あかぐみあおぐみ おおげんか」
posted by ムラサキ博士 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモンアニメBW
この記事へのコメント
それにしても今週の話は長編をダイジェスト気味に見ているようでした・・・

ラングレーはアイリスのライバルとして作られたキャラクターなので今後も出て来るでしょうし
http://i.imgur.com/DUIWK.jpg
カベルネもデントにライバルを作りたくて作られたキャラなので出て来るでしょう。
http://i.imgur.com/dTZj1.png
どうせならエミーもライバルも準レギュになって欲しいですが。

ラングレーの声優はミジュマルと同じ福圓美里さんです。

原作のアイリスもシャガとの血縁関係はなく
才能を見込まれてホームステイしているだけでしたが
アニメでは更に他人な関係だったとは!
(最終的にシャガの家に居座るのかも知れませんが)

ドリュウズは思ったよりも小さかったですね
ゲームでの高さが0.7mなので当然なのですが。

しかしドリュウズの技は
「穴を掘る」、「ドリルライナー」、「メタルクロー」までは
ペンドラー回や次回予告で分かっていましたが
ここで「気合玉」を覚えるとは意外でしたね。
(そして昔は「みだれひっかき」を使っていましたし)
アイリスと初めて会った時にアイリスにした攻撃は「どろかけ」かな?

ドリュウズが心を閉ざしていた原因は分かりましたが
コテンパンにされたオノノクスの進化前のキバゴをアイリスがゲットし仲良しになった事で
嫉妬心もあったのですかねぇ〜

ライブキャスターのバスラオで
延期になった釣り回のネタバレをしていましたが
余計に釣り回が見たくなりました。
(大会の規定でバスラオはゲット出来なかったのかな)
Posted by kivaxtuto at 2011年05月27日 15:08
>kivaxtutoさん
初めまして。コメントありがとうございます。

確かに、今回のお話は中身がぎゅっと凝縮されたように感じました。まあ、ポケモンで過去話を連続で何話もするわけにもいかないでしょうし、1話でよくまとまっていたと思います。
ラングレーとカベルネは今後の出番に期待しています。エミーは準レギュラーは難しそうですが、再登場はありそうですね。

やはり、ドリュウズが小さいのはちょっと迫力に欠けますね。小ささはアイリスの成長(身長の変化)の比較対象として役立っていました。
気合玉を覚えたのは意外でしたね。ゲームでは覚えさせる人はまずいないでしょうが、アニメではアクションのパターンが増えて映えますね。物理・特殊も関係ないことですし。
>嫉妬心もあったのですかねぇ〜
興味深いですね。今のところ2匹がまともに対面した場面がないのでわかりませんが、そういう心情もあったのかもしれませんね。

プラズマ団の回と釣り大会の回は、1時間スペシャル等で何とか早めに放送してほしいものです。
Posted by ムラサキ博士 at 2011年05月27日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45497689
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック