2011年04月21日

BW第28話「消えたホタチ!ミジュマル最大の危機!!」

3行でわかるあらすじ
ミジュマルはケニヤンのシママとのバトルでホタチをなくしてしまう。代わりに大きな岩の盾を作ってもらい、使いこなす特訓をする。盾は砕けるが、上がったパワーとスピードで結果的にシママを倒す。ホタチはキバゴが見つけてきてくれた。

・サトシはケニヤンのバトルの誘いを受ける。ケニヤンはシママを出す。サトシはピカチュウのつもりだったが、勝手に出てきたミジュマルのやる気を買う。
・ミジュマルはシママの電撃波をホタチで跳ね返す。ニトロチャージをアクアジェットで迎え撃つが、コントロールが悪く、岩に激突する。シェルブレードで斬りかかるが、二度蹴りでホタチをはるか彼方に弾き飛ばされてしまう。ミジュマルはあわててホタチを探しに行き、サトシも追う。デントの提案で、明朝再戦ということに。
・ミジュマルとサトシは草むらでホタチを探す。ワイプがホタチ型。光る物体を見つけ、ミジュマルは腹につける。その1.バチュル。ミジュマルは感電し、ピカチュウにアイアンテールではたき落としてもらう。バチュルかわいい。
・アイリスは代わりになるものを持ってくる。その2.イアの実。10万ボルトを受けてみるが、実が割れ、ミジュマルもろとも黒焦げになってしまう。試さなくてもわかりそうなものだが。焼けたイアの実を食べたアイリス「香ばしくてイケる!」、デント「生だと酸っぱいけど、火を通すとまろやかなテイストになってデリシャス!」。
・その3.デントのクロッシュ。電気をよく通し、当然のように黒焦げに。
・デントはイシズマイに岩を削らせる。その4.岩の盾。見事な出来映えだが、大きさはミジュマルの身の丈ほどもある。10万ボルトは跳ね返せたが、ミジュマルは重さに耐え切れず、盾の下敷きになってしまう。
・ミジュマルはピカチュウに葉っぱで扇いでもらう。アイリスがホタチに頼ってばかりだから駄目なのではというのに対し、サトシはホタチはミジュマルにとって命の次に大事なものだという。それなら、なぜもっと真剣に探してやらないんだ?デントは守りのテイストよりも攻めのテイストを高めてみてはと提案する。いわく「攻撃こそ最大の防御」。
・岩の盾を使いこなす特訓がスタート。ミジュマルは盾を背負い、サトシは岩とピカチュウを背負い、坂道を登る。ミジュマルとサトシは盾で足を押さえ、腹筋運動をする。ミジュマルは盾を背負い、サトシは何も背負わず、腕立て伏せをする。ミジュマルは盾で10万ボルトを受け、跳ね飛ばされを繰り返す。

・ミジュマルは夕食も食べず、1人池のほとりで悩む。シママの電撃波を受けるところを想像し、水面に映る月をホタチと見間違える。ミジュマルは特訓を再開し、探しにきたサトシもつきあう。サトシはやはり何も乗せずに腕立て伏せをする。ミジュマルはついに10万ボルトを盾で跳ね返すことに成功する。
・翌朝、ケニヤンが現れないため、サトシたちは彼を探しに行く。
・旅を始めたばかりのケニヤン。声優らしくないくぐもった声だと思ったら、俳優の脇知弘だった。アクセントは「ケ」にあるが、サトシが「ヤ」に置いて読むことに、本人は違和感を覚える。近くでテントを張り、キャンプしている。エアロバイク型の自家発電装置をこぎ、シママに充電、パワーアップを図る。そういえば、サトシもニビジム戦(無印第5話)のとき同じようなことをしていたような。
・シママ。技がバリエーション豊か。二度蹴りの効果音が金属的なのが気になる。
・バトル開始。ミジュマルは岩の盾でシママの電撃波を跳ね返す。ケニヤンは「そっちもパワーアップしたのか」とおおらかな反応。しかし、フルパワーの電撃波に盾にひびが入り、二度蹴りで砕けてしまう。ミジュマルは破片を使うが防げず、攻撃をくらう。
・サトシはデントの「攻撃こそ最大の防御」という言葉を思い出し、ミジュマルに体当たりを指示する。ミジュマルは素早い身のこなしで電撃波をかわし、体当たりを決める。特訓の成果だ。
・シママは連続のニトロチャージでスピードを上げ、追い詰められたミジュマルは一か八かアクアジェットを使うが、コントロールの悪さは変わらない。2匹は競り合いながら突っ走り、岩に激突する。シママは戦闘不能、ミジュマルは何とか立ち上がる。どうもすっきりしない決着だ。
・2人は再戦を誓う。ケニヤン再登場のフラグ?脈絡なく、キバゴがホタチを見つけてくる。
・脚本には首をひねる。作画は良好だった。

映画の最新情報は、特別前売券でもらえるVジェネレートビクティニについて。
posted by ムラサキ博士 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメBW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44619657
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック