2011年03月10日

BW第22話「ヒウンシティ!フシデパニック!!」

3行でわかるあらすじ
ヒウンシティに来たサトシたちはフシデの大量移動に巻き込まれる。サトシはアーティと協力してフシデたちを誘導、反発していたシューティーも手を貸す。マメパトはハトーボーに進化する。移動の原因は謎のエネルギーの発生だった。

・ゼーゲル博士、フリント、3人組が乗るロケット団のヘリは、地中深くにあるメテオナイトを見つける。ロケット団は第17話以来の登場。
・ゲームのヒウンシティはニューヨークをモデルとした大都市だが、アニメのそれはこじんまりとした地方都市といった感じだ。
・デントとアイリスはヒウンアイスが食べたいというが、サトシはジム戦が先だといって聞かない。サトシたちはセントラルエリアでアーティと再会する。アーティは虫ポケモンが騒いでいるという。虫ポケモンは人間には感知できない電磁波などを感じる能力があると科学的に証明されている。
・何か感じるというアイリスはヒウンアイスの店(閉店中)に来てしまう。そのとき、ピカチュウが地下水道から何かを感じ取る。それは町の先にある荒野を流れる川につながっているという。
・地下水道に下りた一行は、パイプに詰まって動けなくなっているフシデを見つける。じたばたする様がかわいい。フシデの特性は毒のトゲ、触れた者は毒にやられてしまう。サトシはアーティが止めるのも聞かず、フシデを引っ張り出す。嫌な音を立て、突進するフシデを受け止めたサトシは、毒で意識を失ってしまう。
・しかし、サトシはデントが作った毒消しであっさりと復活。フシデは目印にもなる絆創膏を貼ってもらう。サトシの行動はアーティの純情ハートに響く。フシデはオレンの実の果汁を吸い、体力を回復する。
・荒野に生息しているはずのフシデの群れが現れる。ヘドロ爆弾で攻撃され、たまらず一行は怪我をしたフシデを残し、地上に出る。街はフシデの大群で埋めつくされていた。さすがにこれだけ集まると、虫嫌いの人は駄目そうだ。CG大活躍。ハーデリアを連れたジュンサーによれば、アララギ博士が原因を調べているという。
・ポケモンセンターから煙が上がる。そこではシューティーのランプラー他の炎ポケモンたちがフシデを焼き払っていた。サトシが割って入る。そこに市長が現れ、強制排除もやむをえないという。アーティはフシデをセントラルエリアに集めて保護し、大量移動の原因を解明することを提案し、市長はそれを認める。群れのリーダーを探して誘導する作戦だ。

・カノコタウンのアララギ研究所では、観測衛星イクサから送られてきたデータを解析する。博士は地面に穴を掘って住むフシデが出てきたということは、地中に何かあるのではないかと推測する。
・アーティの話に、アイリスがビルの上にいる大柄なフシデを見つける。アーティは興奮するリーダーに語りかけるが、シューティーが邪魔をする。リーダーを倒せば群れはバラバラになるからだというが、市長やジムリーダーが決定したことを覆そうとするとは自分勝手が過ぎる。サトシはリーダーをかばい、ランプラーのシャドーボールを受ける。それでもサトシは平気だった。ポケモン以上のタフさだ。助けられたフシデがすり寄る。アーティがシューティーを諭す。
・ジョーイのタブンネが癒しの波動でフシデたちを鎮め、アーティが虫笛でハーメルンの笛吹き男のごとく誘導する。サトシははぐれたフシデをマメパトの風起こしで追い立てる。効果抜群だが、いいのだろうか?アイリスはキバゴの竜の怒りが失敗、デントはヤナップのタネマシンガンを使う。
・マメパトがヘドロ爆弾を受けそうになったとき、シューティーがハトーボーのエアカッターで止め、誘導に協力する。マメパトはハトーボーに進化し、シューティーのハトーボーとともにフシデを誘導する。
・アララギ研究所では、リゾートデザートでの謎のエネルギーの発生と集中を突き止める。ロケット団のボス・サカキはジェット機で現地へと向かっていた。
・作戦は成功。シューティは別のジムを先に回ると言い、去っていく。アララギ博士がヘリで到着、ipadのようなタブレットPCで説明する。サトシはフシデたちを助けてやりたいと、調査への同行を志願する。翌日、アララギ博士、サトシ、アイリス、デント、ジュンサーはヘリに乗り、リゾートデザートへと出発する。アーティは街に残る。

オーキド博士のポケモンライブキャスターは、デスマスについて。
ポケモン川柳「ていねいに デスマスしゃべるよ ですますと」
posted by ムラサキ博士 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメBW
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43783625
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック