2010年08月12日

DP第187話「激闘フルバトル!サトシ対シンジ!!」

3行でわかるあらすじ
ドラピオンがフィールドに毒菱を撒き、一気に3体を倒す。しかし、サトシはゴウカザルのフレアドライブでフィールド全体を熱し、毒菱を消滅させる。グライオンは修行でギガインパクトの反動を克服、ドラピオンに一撃を加える。次回決着!

・サトシの閃きで、ブイゼルは浮き袋を膨らませ脱出する。しかしドラピオンはフィールドに毒菱を撒き、着地したブイゼルは毒をくらってしまう。えげつない攻撃だ。ブイゼルはミサイル針、ムクホークはクロスポイズン、5体目のドダイトスはミサイル針で倒され、サトシは立て続けに3体を失う。シンジはドダイトスの光合成での回復を待ってから一気に方をつけ、サトシの戦意をそごうとしていた。
・ドラピオンが出てからのバトルは読みどおりだというシンジに、サトシは平静を崩さない。サトシの6体目はグライオン、シンジは4体目のテッカニンに替える。グライオンはテッカニンのスピードについていけず、連続斬りで叩き落され、毒をくらう。
・サトシはゴウカザルに替える。ロケット団も応援。ゴウカザルは穴を掘るで地中に潜り、フレアドライブでフィールド上の毒菱を消滅させる。シロガネリーグをほうふつとさせるサトシらしい戦い方だ。テッカニンはフレアドライブの熱気でダメージを受け加速できず、ゴウカザルはマッハパンチで倒す。両者残り3体ずつに。
・シンジは5体目のユキメノコを出し、サトシはピカチュウに替える。ユキメノコはあられを降らせ、神出鬼没の動きでピカチュウを翻弄する。特性の雪隠れで10万ボルトはユキメノコに届かない。氷のつぶてをジャンプでかわしたピカチュウはアイアンテールでユキメノコを攻撃、あられが止む。ピカチュウは冷凍ビームで凍らされるがボルテッカーで脱出、ユキメノコを倒す。
・シンジはドラピオンを出し、サトシはグライオンに替える。グライオンはストーンエッジを目くらましに使い、ギガインパクトで攻撃する。反動で動けないグライオンを捕獲しようとしたドラピオンだったが、その姿は消えていた。グライオンは爆風を受け、はるか上空に飛び上がっていたのだった。エアバトルマスターとの修行の成果だ。戦いは白熱、次回決着!
・ベストウイッシュの5秒スポットCMにミジュマルが登場。
posted by ムラサキ博士 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40125305
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック