2010年06月24日

DP第182話「熱戦前夜!サトシのポケモン大集合!!」

3行でわかるあらすじ
スズラン島に到着したサトシたち。ロケット団の邪魔はあったものの、預けていたポケモンたちと無事再会、ヒノアラシはマグマラシに進化する。ライバルたちが集い、シンオウリーグ・スズラン大会が開幕する。

・サトシたちはスズラン島に到着、エントリーを行う。選手村でコウヘイ登場。
・オーキド博士は多忙で応援に来られず、テレビで観戦するとのこと。
・今回サトシは、シンオウで集めたポケモンだけでなく、預けてあるポケモンも含めて選抜チームを組む。
・ロケット団は係員に成りすまし、転送したサトシのモンスターボールを奪おうとする。サトシは10万ボルトで攻撃し、一緒にボールも吹き飛ばしてしまう。ボールは見つかったものの、中身は空になっていた。
・さっそくうろうろしているヘイガニと噴水で遊ぶワニノコを発見。カビゴンは厨房で発見。
・転送したはずのヘラクロスは研究所でフシギダネの蜜を吸っていた。オーキドも頭を吸われる。
・ジュン登場。ベイリーフはサトシに愛ののしかかり。
・ロケット団のメカ。デザインはやっつけっぽいが高性能。6本のマジックハンドには虫捕り網・トング・(空き)・ハエ叩き・ラバーカップ・ハサミを持つ。マジックハンドは攻撃用のドリル・お好み焼きのヘラ・ハリセン・チェーンソー・三角定規・ピコピコハンマーにパワーアップできる。防電装置付きで防水・防火もばっちり。
・ロケット団と戦うヒノアラシの火炎車が木に燃え移り、煙にサトシたちが気づく。まずは水ポケモンで消火。メカのマジックハンドを切り落とし、10万ボルトを放つが効かず、パワーアップされてしまう。
・サトシは眠っているカビゴンにのしかかりを指示するが目を覚まさず、無理やり倒してメカにぶつける。水ポケモンの放水でコクピットに水がたまるが、防水設備で排出する。それは防水とはいわない。
・火炎放射は効かず、追い詰められたヒノアラシはマグマラシに進化、噴火でメカを吹き飛ばす。二本足で立つとバクフーンっぽい。声も変わった。
・転送再開。オニゴーリ、コータス、ヨルノズク、ベトベトン、ドンファンが来る。
・シンオウリーグ・スズラン大会開幕。スタジアムは4つあり、ホエルオーやマンタイン型の飛行船が飛ぶ。シロナとタマランゼ会長が登場、64名の選手の中にはナオシ、コウヘイ、ジュン、そしてシンジの姿があった。サトシの1回戦の相手はナオシに決まる。
・次回、アニメ新シリーズを衝撃発表!!
posted by ムラサキ博士 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39143783
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック