2010年06月03日

DP第179話「電撃バトル!最後のバッジ!!」

3行でわかるあらすじ
ナギサジム再戦。サトシはデンジ最後の1体・レントラーのパワーに苦戦する。ピカチュウが倒され、最後のゴウカザルも追い詰められる。そのときゴウカザルの猛火が発動、暴走することなくサトシの指示を聞き、レントラーを倒すのだった。

・ヒカリ・ポッチャマ・ミミロルはチアリーダー姿で応援する。オーバも観戦。
・デンジは殺到するチャレンジャーを待たせてサトシと戦う。特別扱いはどうかと。
・そのころロケット団は再びナギサタワー奪取を狙っていた。しかしタワーは改造されており、なかなか侵入できず、電撃で頭をアフロにされてしまう。
・デンジの1体目はエレキブル。技は炎のパンチ・冷凍パンチ。サトシはドダイトス。エレキブルはリーフストームを炎のパンチで防ぎ、ロッククライムを仕掛けるドダイトスを冷凍パンチ一撃で倒す。盛り上がった地面が何事もなかったかのように元通りになるのには笑ってしまった。
・サトシはピカチュウを出し、エレキブルを10万ボルトで攻撃するが、特性・電気エンジンでそのスピードを上げてしまう。しかし、エレキブルはピカチュウの特性・静電気で麻痺し、アイアンテールに倒れる。オーバいわく「運も実力のうちってことか」
・2体目はサンダース。技は10万ボルト・シャドーボール。サトシはゴウカザル。ゴウカザルは強烈な10万ボルトで大ダメージを負いつつも、マッハパンチでサンダースを倒す。
・最後のポケモンはレントラー。技は電撃波・雷の牙・影分身・アイアンテール。サトシはピカチュウ。レントラーはアイアンテールをものともせず、効果が今一つの電撃波と雷の牙でピカチュウを倒し、レベルの違いを見せつける。
・サトシはゴウカザルを出す。火炎放射は電撃波で防がれ、マッハパンチは影分身でかわされる。穴を掘るで地中に逃げるも、アイアンテールをくらってしまう。電撃波はかわされ、マッハパンチは先制を取れない。
・ロケット団は発電室に閉じ込められ、スイッチをめちゃくちゃに押して爆発させてしまう。そのせいでナギサジムの照明が落ち、サトシはピンチを救われる。これがなければ……ちなみにDP第166話とは違い、審判ロボットは動いている。
・ゴウカザルの特性・猛火が発動する。ゴウカザルは火炎放射を無差別に放ち、サトシに迫るが、その声にうなずく。気が高ぶっているようで、表情は暴走時のそれだ。指示に従って戦い、火炎車でレントラーを倒す。
・サトシは8個目のバッジをゲット、シンオウリーグが開かれるスズラン島に向かう。ナギサから船に乗るそうだが、ゲームのあの島なのか?
posted by ムラサキ博士 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38741241
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック