2010年04月01日

DP第170話「四天王キクノ!カバルドンVSドダイトス!!」/DP第171話「トゲキッス舞う!王女さまのポケモンコンテスト!!」

今回は特別なタイトルなしの「ポケモン1時間スペシャル」 番組改編期とはいえ、2話放送→放送なしの繰り返しは歓迎できない。

DP第170話「四天王キクノ!カバルドンVSドダイトス!!」
3行でわかるあらすじ
ヨーシチのブビィがロケット団に奪われ、サトシたちはキクノと共にロケット団を追う。キクノはサトシたちの実力を見、アドバイスを与える。ブビィは戻り、サトシはキクノにバトルを申し込む。敗北するも、そこから学ぶのだった。

・ロケット団は「マネネの育て屋」を騙り、ヨーシチのブビィを騙し取る。
・ニャースのボス妄想。サカキはバーベキューで炭に火が点かないとき、パーティー会場でケーキのロウソクに火が点かないとき、ロケット団本部が台風で停電になりマッチを探すとき、ブビィに火を点けてもらう。
・ヨーシチにポケモンバトルを教える親戚のおばあさん・キックーノ。口うるさい印象。正体は四天王のキクノだが、四天王と呼ばれるのを嫌い、そう名乗っている。タケシには早々に気づかれ、口止めする。シンオウリーグ四天王コンプリート。
・サトシたちはヨーシチの手助けをすることになり、キクノはその実力を見る。どうやってブビィを捜すかと問われ、サトシは展望台から町を見ることを思いつく。
・ロケット団は場所を替え、名前も「ソーナンスの育て屋」と変えていた。サトシたちは逃げるロケット団を二手に分かれて追うが、それでも逃げられてしまう。ロケット団が隠れているらしい風車が5つ並び、迷う彼らに、キクノは観察する力を身につけるよう言う。あんな書割に気づかないのはどうかと。
・ムクホークのツバメ返しはツバメ返し返しに敗れる。キクノはバギーにみんなを乗せ、気球を追う。ずいぶんワイルドだ。キクノのグライオンはハサミギロチン返しを破り、気球を落とす。
・劣勢のロケット団はハブネークとマスキッパにパワーアップパーツを装着させる。聖闘士星矢っぽくかっこよく装着しながら、仕上がりがダサいのは泣ける。キクノの怒りに触れ、ゴローニャのロックブラストでパーツを破壊される。キクノはヨーシチのブビィに止めを刺させる。
・タケシがキクノが四天王であることを口走ってしまい、サトシはバトルを申し込む。キクノはカバルドン♂(ゲームでは♀)、サトシはドダイトスを使う。
・ドダイトスはカバルドンの穴を掘るからのアイアンヘッドに苦しめられる。キクノはサトシとヒカリに観察することの重要性を説く。砂煙の中にたたずむキクノの静かな迫力にゾクッときた。さすがは四天王。
・サトシはカバルドンが地面から出てくるときの石の振動に気づき、攻撃を見切る。しかし、二度目は全体が揺れ、場所が特定できない。カバルドンはアイアンヘッドでドダイトスを突き上げ、炎の牙で噛みつき、地面に叩きつける。アニメならではパワフルな表現だ。
・オーキド博士のポケモン大検定。初級レベルの問題は、ケムッソがカラサリス・マユルドのどちらに進化するか。結果マユルドに進化したが、どちらになるか進化するまでわからないのでは、問題として成立していないと思うのだが。


DP第171話「トゲキッス舞う!王女さまのポケモンコンテスト!!」
3行でわかるあらすじ
ヒカリは自分と瓜二つのサルビア王女に頼まれ、入れ替わる。ヒカリは王女としての公務に悪戦苦闘し、サルビアはトゲキッスで念願のポケモンコンテストに出場する。サルビアはヒカリに励まされ、ムサリーナを破って優勝するのだった。

・フリージアはヒカリに声をかけるが、逆にタケシにナンパされる。見境なさすぎる。
・ヒカリと瓜二つのサルビア王女は親善大使としてカタクリタウンを訪問中。ヒカリマニアでサトシとタケシのことも知っている。ポケモンコンテストに出てみたかったが公務で忙しく、ヒカリに自分の代役を頼む。
・ヒカリはドレスにご満悦、サルビアは短いスカートが恥ずかしい。サルビアのトゲキッスがでかい。
・ポケモンコンテスト・カタクリ大会。ムサリーナは5個目のリボンがかかる。シルビアはムサリーナがヒカリの友達だと思い、親しげに話しかける。
・一次審査、サルビアのトゲキッスは波導弾・ゴッドバード・エアスラッシュを使い、華麗に決める。
・ヒカリは謁見の儀で疲労困憊、懇談会に臨み絶叫「こんらんか〜い!!」
・コンテストの特別ゲストとして、サルビア王女(ヒカリ)が登場。
・ファイナルステージはサルビアVSムサリーナ。バトルは不慣れなのか、トゲキッスはハブネークに翻弄される。弱気になるサルビアに、ヒカリは思わず励ましの言葉をかける。ムサリーナも言っているが、フェアじゃない。
・トゲキッスはハブネークの噛みつく攻撃を神秘の守りで弾き返し、ダメージを与える。アニメではそういう効果なんだっけ?波導弾も必中ではない。
・優勝したサルビアはムサリーナに感謝の気持ちとしてリボンを渡す。情けをかけられたことに怒るムサリーナだが、コジロウたちに諌められ、グランドフェスティバルも決まっていい感じ〜と開き直る。人からもらったリボンが有効なのかは疑問だ。そもそも替え玉出場だったし、いろいろもやもやとしたものが残る。
・2人は元に戻り、ヒカリはサルビアからトゲキッスを預かる。執事は最後まで気づかなかったようだ。
・EDのドッチ〜ニョ?は画はアニメのみ、歌詞は2番になっている。

衝撃情報その1は迫るクライマックス。ヒカリのグランドフェスティバルは4月29日から、サトシのシンオウリーグは7月からスタート。次回はさらなる衝撃情報が明らかになるそうだが、果たして。
posted by ムラサキ博士 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36821994
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック