2010年02月11日

DP第163話「爆進化!ゴウカザル!!」

3行でわかるあらすじ
サトシとジュンのバトル。ダメージを負い猛火が発動、暴走するモウカザルは捕まったピカチュウたちを無視してロケット団を攻撃する。サトシの身を呈した呼びかけにモウカザルはゴウカザルに進化、ピカチュウたちを助け出すのだった。

・バッジを8つ集めたジュン。正座するエンペルトがかわいい。現実のペンギンとは関節の構造が違うようだ。
・サトシたちはポケモンセンターでシンジに遭遇、ジュンはバトルを申し込むが断られる。ナギサジムの感想は、ジュンは「最高」、シンジは「最低」と分かれる。結局、サトシとジュンがバトルすることに。
・ポケモンコンテスト・グランドフェスティバルニュース。開催地はレイクサイドリゾート(DP第77話)と発表される。コンテストは本戦までにあと7回あり、リボン3個のムサシは出場を狙う。
・サトシとジュンのバトルは1対1の3本勝負。スピードで圧倒するモウカザルだが、エンペルトのハイドロカノンをくらい、吹き飛ばされてしまう。
・ロケット団は発想を転換し、トレーナーの動きを封じてからポケモンを奪う作戦に出る。サトシたちはボールに閉じ込められ、ピカチュウ・ポッチャマ・エンペルトが捕まってしまう。
・モウカザルの猛火が発動、ピカチュウたちが捕まっていることもかまわずロケット団を攻撃する。バトルを見ていたシンジはエレブーを出し、崩れ落ちるロケット団のメカを守るで受け止める。
・サトシは暴走するモウカザルを抱き止め、炎に包まれながらも「俺と一緒に強くなろう」と呼びかける。その思いが通じ、モウカザルは限界のエレブーに代わってメカを支え、ゴウカザルに進化する。まさに燃える展開!
・サトシとシンジはシンオウリーグでの再戦を誓う。
posted by ムラサキ博士 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35260568
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック