2010年01月28日

DP第161話「開幕!ポケモンコンテスト・アサツキ大会!!」

3行でわかるあらすじ
ポケモンコンテストアサツキ大会が始まる。ヒカリはウララのプラスルとマイナンに怯えてしまう。幼稚園のころ2匹に髪を爆発させられ、「ぴかり」とからかわれたことがトラウマになっていたのだった。ヒカリは一次審査を突破する。

・ウララ再登場。リボンはヒカリと同じ4個。新しい手持ちはプラスルとマイナン。
・ヒカリは幼稚園のころ、ケンゴ、ユモミとポケモンの世話係をしていた。ヒカリはプラスルとマイナンを追い掛け回し、電撃で髪を爆発させられてしまう。髪は静電気でピカピカ光り、ケンゴに「ぴかり」というあだ名をつけられ、からかわれたヒカリは泣き出してしまう。サトシたちにも笑われているが、怖がり方が大げさすぎる。
・アサツキ大会開幕。演技は2匹のポケモンを使うダブルパフォーマンスで行われる。
・一次審査。ムサリーナはマスキッパとハブネーク。アーボックの笛を吹き、蛇使いのパフォーマンスを見せる。ヒカリはポッチャマとミミロルで卒なく。ウララはガバイトとプリンでパワフルに。
・3人とも一次審査を突破。しかし、ヒカリはウララのプラスルとマイナンに声をあげてしまう。
・EDのドッチ〜ニョ?が元通りに。
posted by ムラサキ博士 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34989562
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック