2010年01月07日

DP第158話「爆走!ジバコイルVSメタグロス!!」

3行でわかるあらすじ
街で野性のジバコイルとメタグロスが暴れだした。サトシたちは2匹を山へと誘導する。暴れた原因は、普段バトルをしていた窪みに水が溜まったことだった。ポケモンたちの活躍で水はなくなり、2匹はバトルできるようになった。

・新OP「サイコー・エブリデイ!」。曲はポップで勢いがあるが、ややメリハリに欠ける印象。画は伝説ポケモンを無理やり詰め込んだ感じで、ストーリー性に乏しい。ムサシがヒカリのライバル枠に入っていることに注目。
・街中でめちゃくちゃに暴れまわるジバコイルとメタグロス。モウカザルとマンムーがやられ、ピンプクの怪力でも止められない。
・非常事態にもかかわらず、何度でもジュンサーを口説こうとするタケシ。どうも違和感を覚える。
・バターの上にジャムを塗った「超ぜいたく」トーストを食べようとするロケット団は、2匹のとばっちりを受ける。
・とりあえず、ピカチュウとパチリスの電撃で2匹を山へと誘導することに。タケシの提案で、ニャースが暴れる訳を聞き出そうとするが、興奮して話にならず、ロケット団は吹っ飛ばされてしまう。
・山岳警備隊のカツゾウが言うには、2匹は体に溜まった磁力を発散させるためにバトルをしていたが、使っていた窪みに水が溜まり、バトルできなくなったのが原因とのこと。
・水が溜まったのは、大きな岩で川の流れが変わってしまったからだった。グレッグルが瓦割りで粉砕する。
・ロケット団がポンプで窪みの水をくみ出しているのに、時間がかかるからと、ミミロルが冷凍ビームでロケット団ごと凍らせ、ピンプクが谷底に投げ捨てる。いくらなんでも酷すぎる。
・ロケット団は2匹を言いくるめて仲間に引き入れようとするが、吹っ飛ばされてしまう。どこまでも扱いが悪い。
・2匹のバトルに触発されたサトシは、フカマルに流星群を指示する。またもやポッチャマが直撃を受けて窪みに落ち、2匹に追い回されてしまう。
・なんというか、画も話も雑な回だった。
posted by ムラサキ博士 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34614632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック