2009年12月24日

DP第157話「フカマル!ゲットだぜ!!」

3行でわかるあらすじ
サトシの後を追ってきたフカマルはいたずらばかり。ジュンがゲットしようとするが、バトルで吹き飛ばしてしまう。サトシは助けに行き、ロケット団の邪魔はありつつも、フカマルをゲットする。さっそくジュンのエンペルトとバトル、敗北してしまう。

・ロケット団の忍者メカ「カメックスくん」は、登場した早々、フカマルに食べられてしまう。
・ニャースが考えた「ニャンと」の比較級「ニャンと・ニャンだー・ニャンですと」。驚きの大きさを表現しているらしい。
・何を尋ねてもうなずくフカマル。サトシがゲットしようと投げたモンスターボールを食べてしまう。
・公園の設備がかじられる被害が発生、フカマルを追うサトシは自転車に乗ったジュンとぶつかる。サトシがバッジ7個と聞き、自分が6個であることを自慢するジュン。ハクタイで自転車をもらい、ヨスガジムに行ったが留守だったので整理券をもらったとのこと。
・ニャースのボス妄想。エコの時代にゴミの放置はよくないと考えたサカキは、フカマルにメカの残骸を食べてもらう。
・フカマルに自転車を食べられたジュンはゲットは早い者勝ちと、エンペルトをけしかける。エンペルトはフカマルを圧倒、ハイドロカノンで彼方に吹き飛ばしてしまう。今回はエンペルトの見せ場が多い。
・フカマルは崖に生えた木の枝に挟まり、動けなくなっていた。助けに向かうサトシは足元が崩れて転落、フカマルにくわえられ助かる。フカマルを木の枝から抜き、崖を登って脱出する。
・ロケット団は特製合金で修理したカメックスくんでフカマルを捕まえ逃走、サトシは超人的なジャンプ力で崖を飛ぶ。サトシも捕まるが捨て身の10万ボルトで脱出、カメックスくんは再びフカマルに食べられてしまう。
・フカマルはようやくボールに入る。追いかけてきたジュンとさっそくバトルに。失敗流星群をエンペルトが打ち返し、またもやポッチャマが犠牲に。サトシの指示を聞かないフカマルはエンペルトに敗れてしまう。
・最後、ヨスガジムの整理券はフカマルに食べられてしまう。
posted by ムラサキ博士 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34371551
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック