2009年12月10日

DP第155話「ダブルバトル!マンムーとヒノアラシ!!」

3行でわかるあらすじ
ノゾミの応援で、ポケモンコンテスト・メキャベツ大会に来たサトシたち。ダブルパフォーマンスに悩んでいたヒカリは、ノゾミとスズナの協力を得て、マンムーとヒノアラシの新たなパフォーマンスを生み出すのだった。

・ポケモンコンテスト・メキャベツ大会。ノゾミは決勝でキャロットに勝利し、5個目のリボンをゲットする。スズナはジムをさぼって応援に来ていた。
・優勝パーティは朝までスイーツの食べ放題。キッサキ名物・マトマアイスは、極上アイス(甘)の中にマトマの実のジュレ(辛)が挟んであり、相性が悪いもの同士の意外な組み合わせが抜群のおいしさを生む。
・シンオウナウ「戦うトレーナー」で、8個目のバッジのバッジをゲットしたシンジのインタビューが流れる。
・ヒカリはノゾミとトレーニング。ヒカリはマンムーの氷のつぶてと他のポケモンの技をコラボさせようと考える。ポッチャマとの組み合わせは、マンムーがポッチャマを凍らせてしまい、失敗。
・スズナはユキノオーで、氷のつぶてを葉っぱカッターで砕き、周りを包み込むという、アレンジのお手本を見せる。次はパチリスの番。自分の出番がないことに不満なポッチャマの表情がいい。
・パチリスとの組み合わせは、マンムーが氷のつぶてを牙で砕き、パチリスが放電で光らせるところまではうまく行ったものの、攻撃に移れず、失敗。
・ノゾミが実戦のダブルバトルを提案する。まだ出ていないのはヒノアラシ。ヒカリは氷タイプと炎タイプの相性は最悪ということから、マトマアイスやノゾミの技の意外な組み合わせを思い出す。
・マンムー&ヒノアラシVSリーフィア&キルリア。一度は火炎車で氷が融けてしまい失敗するが、火炎車を使うヒノアラシごと凍らせ、新パフォーマンス「フレームアイス」を生み出す。しかし長くは持たず、バトルに敗れてしまう。
・感動したムサシは意外な技の組み合わせを真似し、メガヤンマの銀色の風をソーナンスのミラーコートで弾かせるが、それをくらって吹っ飛ばされる。必死で後を追うメガヤンマとソーナンスがけなげだ。
posted by ムラサキ博士 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34136928
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック