2009年10月29日

DP第149話「ピカチュウポッチャマくっつかないで!!」

3行でわかるあらすじ
突然、ピカチュウとポッチャマがくっついてしまう。それはコダマ博士が仲の悪いコイルとヌオーのために、仲良くさせる機械を作ったためだった。実は2匹はバトルの練習をしていただけであり、機械が壊れ、ピカチュウとポッチャマは元に戻った。

・仲むつまじく抱き合うピカチュウとポッチャマからBL臭が……3人の引き離そうとする努力も無駄に終わる。
・くっついたままの2匹を運ぶサトシとヒカリの距離も普通ならドキドキするほど近いが、当然何も起こらない。
・コダマ博士が作った装置「なかよしるんるん君」は、ポケモンの技「メロメロ」をデジタル変換して信号に変え、電波として発信する。性別の垣根を越えて影響させることができる。博士は気付いていなかったが、電気タイプと水タイプのポケモンに効果が出ていた。
・博士の元で雑用をしていたロケット団は装置を奪い、無力なピカチュウたちをゲットする。
・コイルとヌオーは連携して博士を救出する。ヌオーのウォシュレット!(水鉄砲) タケシいわく、仲が悪いのではなく、バトルの練習をしていただけだった、とのこと。2匹に装置の効果がなかったのは、それぞれ複合タイプだったかららしい。
・EDのドッチーニョは下で、青ざめるポッチャマ。
posted by ムラサキ博士 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33275085
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック