2009年09月03日

DP第141話「タワータイクーン!その男、クロツグ!!」

3行でわかるあらすじ
フタバ祭りの最終日、バトル大会に優勝したサトシは、タワータイクーン・クロツグに挑戦する。サトシのハヤシガメは偶然にパワーアップし、ロッククライムでクロツグのドサイドンを圧倒するが、至近距離からの岩石砲に敗れるのだった。

・サトシはクロツグがフロンティアブレーンだと知っても大して驚かず、全く盛り上がらない。ヒカリにいたってはノーリアクション。
・♀のグレッグルが映るテレビにかじりつくタケシのグレッグル。トレーナーに似てきたのか?それとも……
・司会のアヤコはドレス姿で登場、元トップコーディネーターの片鱗を見せる。いや〜、美人だ。ちょっと場違いな気もするが。
・クロツグは熱い男。ロケット団のオクタン焼きに夢中で大会のことを忘れたりと、抜けたところもある。
・トーナメントにはヒカリ・タケシ・ジュンも出場したが、大幅に端折られ、サトシが優勝。
・クロツグが使用するのはドサイドン。特性はハードロック、技はロックカット・砂嵐・岩石砲・メガホーン。岩石砲の発射シークエンスがかっこよすぎる。
・サトシはスピードよりもパワーを重視し、ハヤシガメを選ぶ。ハヤシガメは砂嵐を葉っぱカッターでふっ飛ばし、ジュンに「そんな手ありか?」と言わしめる。発射直前のエナジーボールを口の中に押し込まれ、パワーアップしたりと、やりたい放題。なんだってんだよー!アニメスタッフは罰金だ!!
・ジュンの「強い親持つと目標にしちゃうし、勝ちたいって思うよな」という言葉にヒカリは同意する。ついにサトシの父親のことに触れるのか……と思わせておいて、サトシは「ポケモンを強く育てて、ポケモンと尊敬しあってる」のほうを拾い、シンジのことを思い出す。
・クロツグはサトシにナギサジムに挑戦することを勧める。せっかちなジュンは先に行き、4人旅とはならなかった。
posted by ムラサキ博士 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31836602
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック