2009年08月20日

DP第139話「オーキド博士を救出せよ!ニョロトノVSグレッグル!!」

3行でわかるあらすじ
フタバ祭りが始まった。しかし、ゲストのオーキド博士が現れず、サトシたちは探しにいく。オーキドはニョロトノに頼まれ、ハスブレロをルンパッパに進化させる。コジロウが変装した偽者は追い払われ、オーキドは無事ポケモン講座を行った。

・カントーからシンオウへは、飛行船と車を乗り継いでくるらしい。オーキド博士は車のタイヤ交換中、ポケモン見たさに近くの沼に行き、沼の主・ニョロトノと手下のヌオーにさらわれてしまう。ルーズすぎる。
・沼地には底なし沼があるという。自信満々のポッチャマがはまるのはお約束。道案内はグレッグルに交代。
・ニョロトノは主だからか、かなり大きめ。グレッグルにサシの勝負を挑む。サトシ曰く「男と男の勝負」。グレッグルがクロスカウンター毒突きで勝利、ニョロトノは手出ししようとするヌオーをとどめる。
・ニョロトノがオーキドをさらったのは、陽気ポケモン・ハスブレロの陰気な性格を直すために、オーキドが持っていた水の石を欲してのことだった。ハスブレロは能天気ポケモン・ルンパッパに進化した途端、狂ったように踊りだす。効きすぎ?
・本物対偽者は無印第245話以来。コジロウは少年のバンギラスが乱暴になった原因がわからず、正体がばれないままぶっ飛ばされる。オーキドは足にトゲが刺さっていることを見抜く。いつもは自分がぶっ飛ばされている癖に。
posted by ムラサキ博士 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31465181
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック