2009年07月09日

DP第135話「全員参戦!ポケモンハッスル!!」

3行でわかるあらすじ
人手不足を感じたロケット団は、「シンオウポケモンハッスル」の偽番組で団員をスカウトしようと考える。ついでに奪おうとしたポケモンは参加者に紛れていた泥棒に横取りされ、彼らは潜入捜査をしていたジュンサーに逮捕されるのだった。

・人気番組「シンオウポケモンハッスル」はTBSのSASUKEっぽい。ロケット団の3人だけで回して、シンオウナウのスタッフまで騙すとは凄すぎる。
・タケシのお姉さんセンサーは、変装したジュンサーをも見抜いてしまう。1回目はにべもなく断られ、待機していたグレッグルは毒突きできず。2回目はピカチュウとポッチャマに引き剥がされる。3回目、あっさりと毒突き。
・サトシの「なんなんだ!?」の声に体が勝手に反応してしまい、正体を現すロケット団。
・アイキャッチAがロケット団(Bはサトシたち)。
・ポケモン泥棒のアツキとチシオは、ロケット団のロマンという言葉を「時代遅れ」と馬鹿にする。使うのはスリープとザングース。スリープの思念の頭突きがザビエルっぽい。
・スリープのシャドーボールに吹っ飛ばされるロケット団。「あたしたちは悪の道を極めるのよ!」「おー!」「そんなかんじ〜!!!」
posted by ムラサキ博士 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30423212
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック