2009年06月18日

DP第132話「フルバトル!シンジVSサトシ!!−後編−」

3行でわかるあらすじ
シンジの巧みな戦略の前に、サトシのポケモンたちは次々と倒れていく。最後の1体となったヒコザルはリングマを倒し、モウカザルに進化する。しかし健闘及ばず、エレブーに敗れ去れるのだった。

・ピカチュウはブーバーンの特性・炎の体により、ダメージを受け続ける。時折体から炎を上げるのが痛々しい。
・サトシはブイゼルの闘志を買ってボールに戻さず、その結果ブイゼルは倒されてしまう。
・ドダイトスのホーミングするストーンエッジが怖すぎる!
・アシスタントのロケット団は、ポケモンの頻繁な交代に愚痴をこぼす。
・サトシ「(ポケモンたちも自分の役割がわかって、シンジに応えている。それがお前とお前のポケモンたちのバトルなのか)」
・リングマは特性・根性を発動させ、凶悪化。アームハンマーでぶっ飛ばされるピカチュウの顔がエライことに!
・ヒコザルがモウカザルに進化、シンジにマッハパンチの風圧をぶつける!「今の俺を見ろ!」
・レイジ「ポケモンのタイプに相性があるように、トレーナーとポケモンにも相性がある。(中略)どっちが正しいかじゃないんだ。あの2人のバトルはプライドのぶつかり合い。だからこのバトルは、2人とポケモンたちをもっと強くしてくれる」
・シンジは会心の笑みを浮かべ、サトシは悔しさに肩を震わせる。完全敗北だ。
・今回は演出・作画が凄すぎる。もうポケモンじゃない。
posted by ムラサキ博士 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29894152
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック