2009年03月12日

DP第118話「ポケリンガ!天空大決戦!!」

3行でわかるあらすじ
サトシはムクバードでポケリンガ・ウインド大会に参加する。そこにはシンジもドンカラスで参加していた。決勝戦はサトシ対シンジ。押され気味だったムクバードはムクホークに進化し、ドンカラスに競り勝つのだった。

・やる気満々のポッチャマは飛べずに出場を断念。
・コジロウは「コジック」を名乗り、声を作っている。今までは変装しても声はそのままだったのに。風を見誤り、クロスゲート大会(AG第80話)準優勝の見る影なく初戦敗退。
・4度優勝のポルトは北斗の拳の雑魚っぽい。シンジにいいところなく敗れる。
・ムクバードがサトシの声に応えるように、ムクホークへと進化する。声が甲高いままでよかった。そういえば、サトシはクロスゲート大会でも、スバメをオオスバメに進化させていたのだった。
・ムクホークは長い前髪がクール、インファイトがかっこいい!タケシ、インファイトはドンカラスに効果抜群ではなく、等倍だぞ。
・サトシと並ぶと、ムクホークの巨大さが改めてわかる。サトシは2度目の優勝、賞品のスペシャルポケモンフーズはマンムーが一匹で平らげてしまう。
posted by ムラサキ博士 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27546091
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック