2009年02月26日

DP第116話「吹雪の中のユキメノコ!」

3行でわかるあらすじ
吹雪の中で遭難したサトシたちとロケット団は、ユキメノコに人質を取られ、仲間のユキワラシの捜索を引き受ける。人間に心を許さないユキメノコだったが、密猟者と戦うサトシたちに心を打たれ、力を合わせてユキワラシを救出するのだった。

・ソーナンス「遭〜難す!」
・ポケモン世界は基本的に年中半袖なのに、その上に1枚ケープを羽織っただけで大丈夫だとは。
・ユキメノコは雪女のセオリー通り、幻覚で人を惑わせる。食事を出したり、お風呂を用意したりと甲斐甲斐しい。熱々のスープに見えたのはカキ氷だったが、ちゃんとイチゴのシロップがかかっていた。ニャースとポッチャマが人質に。
・密猟者のオニゴーリがユキワラシを捕獲する。破壊光線やジャイロボールといった大技と打たれ強さで、サトシたちを苦しめる。毎度のことだが、密猟者は理不尽なほど強い。ジムリーダー以上?
・ヒコザルの火炎車とユキメノコのシャドーボールがオニゴーリを倒す。なぜか、今回ピカチュウは戦いに一切参加せず。
・解決後欲目を出したロケット団は、足を滑らせて坂を転がり落ち、雪玉となって退場。ユキメノコとユキワラシは母子にしか見えない。
posted by ムラサキ博士 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモンアニメDP
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27239318
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック